そのまま捨てないで!古くなったチョコレートの安全な食べ方って?

タイトル下アドセンス

スポンサーリンク

古いチョコレートって、

捨ててしまおうか迷うところですが、

チョコレートの期限切れは

まだセーフです。

賞味期限はもちろん守ったほうが良いですが、

どうしても捨てられない方には

安心して食べられる方法があるので

ご紹介します。^^

チョコレートってどのくらいもつ?賞味期限をもし過ぎちゃったら?

賞味期限とは

一体どんな意味があるでしょうか?

『賞味期限:

開封していない状態で、

表示されている保存方法に従って

保存したときに、

おいしく食べられる期限のこと。』

つまり、

賞味期限が切れたからといって、

今すぐに食べなければいけない

と言うわけではありません。

期限にも

余裕を持たせて設定していますので

食べられない訳ではないのです。

また、チョコレートは

水分がほとんど無いので

腐りにくく出来ています。

一般的なチョコレートであれば

賞味期限が切れても

半年から1年は食べても大丈夫ですが、

生クリームなどが入っているものは

傷みが早いので

賞味期限内に食べましょう。

また、長期間放置したチョコレートは

白くなっている場合がよくありますが、

これはチョコに含まれている

油分の結晶が時間の経過で大きくなり、

光を乱反射する事で

白く見えるようになっています。

これをブルーミングと言います。

ブルーミングの現象が起きていても、

また溶かして使えば

結晶も溶け出し

問題なく使えるようになります。

一度溶かして使うのがポイントですね。

チョコレートは

基本腐りにくいですが、

冷蔵して保存していると

更に賞味期限が切れたとしても

2~3年は大丈夫とされています。

ただ、美味しく食べられる期限は

変えられませんので、

長期保存では風味が落ちています。

冷蔵庫だから安心とは言え、

美味しく食べなければ

意味がありません。

つぎにご紹介するのが、

そんな期限切れで白くなったり

風味が落ちたチョコレートの

お菓子のメニューです。

別のお菓子に作り変えてみよう!チョコを使ったアレンジレシピ

白くなった(ブルーミング)チョコレートは

一度溶かして再利用しましょう。

簡単に温めた牛乳に入れる人もいますが、

溶かして使うのであれば

普段お菓子を作るときと

同じように使ってもらえば大丈夫です。

ガトーショコラやチョコクッキー、

パウンドケーキなどが

溶かしたチョコを使うので

お勧めです。

風味も溶かす事で

よみがえります。

生チョコのように

溶かして冷やして固める

と言ったお菓子よりも、

一度オーブンなどで火を通して作る方が

気持ち的に安心ではあります。

常温で食べ切れていない

チョコレートがあれば、

冷蔵庫に入れて保存してくださいね。

❤ 最後に 

私の場合はチョコレートは大好きなので、

まず賞味期限が切れるほど

保存しておくなんて考えられません。笑

まして、もらい物であれば

冷蔵庫へ行く前に食べてしまいます。

奥にしまい込んでしまえば

忘れてしまうかもしれませんが。^^;

まだチョコレートのように

期限が切れても食べられるのは

良いですが、

食品をどこに置いたのかは、

ちゃんと整理しておきたいところですね。

アドセンス本文下

スポンサーリンク