知らなきゃ損する、白いごはんの美味しい炊き方講座!

タイトル下アドセンス

スポンサーリンク

1日の中での楽しみは何?

と聞かれたら

「食事」があがると思います。

ダイエット中であっても

食べることは

楽しみなことなのです。

そんな楽しみが

ごはんの味で1つで

台無しになると

悲しいですよね・・・

銘柄?炊き方?保存方法?
ごはんがパサパサになっちゃう理由

銘柄・・・?

これはあまり関係ないと思います。

炊き方1つでどんなお米も

おいしく食べる事ができます!

炊き方・・・?

これが重要なんです!!

ごはんがパサパサになってしまう

ポイントが3つあります。

1)研ぎ不足→ヌカやでんぷん質が残ってしまう

2)水加減が少ない→お米1に対して水1、2が基本

3)吸水時間が少ない→冬は30分、夏は2時間が基本

保存方法・・・?

これも大事です!

長時間保温、少量での保温→

保温は12時間まで、量は4杯以上

普段何気なくしている研ぎ方を

少し丁寧にしてみるだけで

味がグンっと変わるんです!

私も研ぎ方なんて

気にしたこともありませんでした。

その都度炊けば

ふっくらごはん~おいしいおかずさえ

作れればよりおいしくなる!

なのでおいしく食べてもらうために

頑張ってお料理しよう!

と頑張ってきました。

でもよりいっそう食事を

おいしくするためには、

お米をおいしく炊けたら

完璧になると思いませんか?

お米の味1つ変わるだけで

食事が楽しみになり、

それだけで幸せな気持ちになると

思います。

これでお昼にふっくらごはんが食べられる!
ごはんのパサパサ解消法

パサパサを解消するためには

炊き方のポイント3つと

保存方法を知れば

おいしいごはんが食べられます。

~ 研ぎ不足 ~

研ぎ加減を知ることが大切!

お釜にお米を入れて

水を張った際に、

水がにごらなくなる程度が

目安です。

~ 水加減 ~

水が足りないと炊飯中に、

お米の酵素反応が十分に進まず

パサパサごはんになってしまいます。

お釜の中の水分が少なくなる原因は、

水の表面張力に関係しているんです。

表面張力により

お釜の目盛り部分が

盛り上がってしまい、

お釜の淵にある水の高さが

少し高くなってしまうことが

影響してます。

このためお釜の淵の

外側の水の高さを基準にすると

水不足になってしまうので、

やや内側の下の水面の高さを

目盛りに合わせるようにして

水不足を防ぐ。

~ 吸水時間 ~

ごはんを炊く前に

しっかりと水を

吸収させてください!

この吸水時間が短いと

お米の中のデンプンが

上手く糖化できないため、

硬いパサパサのごはんに

なってしまうんです。

新米の場合は、

ボウルの中で水に30分間は浸して

お米に水分を吸収させると

つやつやでモチモチとした

ごはんになります!

古米や精米から

1週間以上たっているお米の場合は、

ボウルの中で

水に1~2時間位浸けておくと

美味しいごはんに炊きあがります。

ちなみにお米は、

浸け置きした水で炊かないことが

お米を糖臭くしない

コツになります。

~ 保温時間 ~

炊飯器で保温する場合は、

1時間くらいを目安にすると

おいしくごはんが食べられます。

しかし、

1時間以上長く保温する場合には、

ごはんから水分が

ドンドン失われていくので、

時間が経つにつれ硬く

パサパサとしたごはんに

なってしまいます。

なのでなるべくなら

早いうちに移し替えるか、

1つ1つラップに

包んでおくほうがいいです。

ラップに包むときは

あまり多く包まず、

ふんわりとしたイメージで

1つ1つ包んだほうが

チンしたときに

ふっくらごはんになります。

また、冷凍する場合は

温かいうちに冷凍するほうが

いいです!

☆ 時間が経ったごはんを美味しく食べる一工夫 ☆

・1度冷凍したごはんは

チンしすぎないのがポイントです!

量にもよりますが

2~3分一気にチンするのではなく、

1分ずつとか

少しずつチンしていくと

冷凍ごはんも

ふっくら美味しく食べられます。

・冷めたごはんは霧吹きなどで

少し水分をかけてあげると

美味しく食べられます。

・お弁当のごはんの場合、

電子レンジがない場合は

朝ごはんを詰めるときに

ぎゅうぎゅうに

詰めすぎないようにすれば

冷めていても美味しく

食べられます。

まとめ

少しの手間で

いっそう美味しいごはんに

することができるのです。

毎日なんてとても無理・・・

時間があるとき、

余裕があるときに

試してみてはいかがでしょうか?

ほっこり幸せな気分になれますよ!!

アドセンス本文下

スポンサーリンク