鼻水が急に止まらなくてフラフラ…その原因と治療法を探る!

タイトル下アドセンス

スポンサーリンク

鼻水が急に出てきて

なかなか止まらない。

鼻水が黄緑色をしている。

そんな症状が続くそこのあなた。

もしかしたらそれ、

ただの鼻炎じゃないかも

知れませんよ。

今回は、

鼻水が止まらないのはなぜか、

その原因と

急に鼻水が出てくる時は、

どんな病気にかかっているか、

厄介な鼻のトラブルについて

解説します。

鼻水が黄緑…それって副鼻腔炎かもしれません.

鼻がムズムズするし、

しかも何だか鼻水が

黄緑色をしている!

そんな症状が出たら、

単純に風邪の治りかけか、

副鼻腔炎(ふくびくうえん)の

可能性があります。

まず風邪の治りかけの場合ですが、

風邪をひくと、

体内の白血球がウイルスと戦います。

そして白血球やウイルスが戦って

死骸になってしまうと、

それが膿(うみ)となって、

鼻の中に残るんです。

この膿が鼻水と混ざることで、

黄緑色でネバついた鼻水に

なってしまうんですね。

でも、風邪が更に悪化してしまうと、

副鼻腔炎になる可能性もあります

副鼻腔炎は

蓄膿症(ちくのうしょう)

とも呼ばれていて、

鼻の周囲にある、

副鼻腔(ふくびくう)という場所が、

風邪の悪化などが原因で

炎症を起こしてしまう病気。

膿が鼻の奥に溜まり続けてしまうと、

この副鼻腔炎になってしまうんです。

副鼻腔炎になると、

黄緑や緑色の鼻水が

止まらなくなるだけでなく、

鼻の中からイヤなにおいがするなどの

症状が現れてきます。

そして症状が3カ月以上も続くと、

においがよく分からなくなり、

体がだるく感じるように

なってしまうんです。

そうなると、

慢性的副鼻腔炎という病気に

進行している可能性が高いので、

治すためには、

薬で治療していきましょう。

市販の点鼻薬では、

副鼻腔炎は治せないので、

完治させるためには、

耳鼻科を受診してくださいね。

急に鼻水が止まらなくなった…考えられる病気は? 

急に鼻水が止まらなくなったら、

副鼻腔炎以外には

一体どんな病気の可能性が

あるのでしょうか?

・急性鼻炎

鼻風邪とも呼ばれる

急性鼻炎にかかっていると、

鼻水が止まらなくなります。

普通の風邪でしたら、

鼻水や鼻づまりの他に、

発熱やのどの痛みなどの

症状がありますよね。

ところが鼻風邪にかかっていると、

症状は鼻水、鼻づまり、

頭痛で、熱は出ないんです。

だいたいは、

病院で処方された薬を飲んで、

体を温めて休養をとれば、

治っていきますよ。

・アレルギー性鼻炎

主に花粉症やダニ、

ハウスダストなど、

体が何かに対して、

アレルギー反応を

起こしている状態です。

目のかゆみも伴う場合が

多いですね。

ちなみに、春だけでなく、

季節の変わり目になると、

アレルギー性鼻炎を起こす人は

少なくありません。

・血管運動性鼻炎

アレルギー性鼻炎と同じ症状ですが、

実際の原因は花粉症や

ハウスダストなどではなく、

急な温度変化や、ストレス、

空気の乾燥、たばこの煙などに

鼻の粘膜にある神経が

過敏に反応することで、

引き起こされます。

鼻水が止まらない

大きな原因としては、

風邪やアレルギー性鼻炎の場合が

多いです。

でも鼻水の色がおかしかったら、

副鼻腔炎になっている可能性があるので、

市販薬で済ますのではなく、

しっかり病院へ

行くようにしましょう。

花粉症の場合も、

病院で処方された薬を飲むか、

アレルギーの治療や

体質改善をしていった方が、

鼻水に悩まされなくなります。

まとめ

鼻水が止まらない原因は、

ほとんどが鼻炎や風邪です。

ただし、鼻水が黄緑色をしていると、

副鼻腔炎になっている

可能性が高いので、

早めに耳鼻科に行って、

薬を処方してもらいましょう。

アドセンス本文下

スポンサーリンク