会社にお土産を買わない後輩が気になる!お土産は買わなくてもいい?

タイトル下アドセンス

スポンサーリンク

職場でのお土産を
買うか買わないか、
意見が分かれるものの
ひとつですよね。

年配者からすれば、
日頃お世話になっている
上司や同僚に
お土産のひとつぐらい
買って帰るべき
という人が多いと思いますが、

若い世代は
買わない派
という人も多いですよね。

買う派、買わない派、
それぞれの意見や
買う場合どんな物を買ったら
喜ばれるのか

などについてまとめます。

職場へのお土産を買うか買わないか、シーン別解説

 

職場へのお土産を
買うか買わないかは、

やはり社会人歴が
長い人たちの多くは
買う派で、

新人など若い世代に
買わない派が多いです。

買う買わないは
強制ではないですし
その判断は個人の自由ですが、

買うべきかどうかは
状況にもよります。

〇出張の場合

出張で遠くへ行った場合、
お土産は基本的に不要です。

遊びで行くわけではないので、
自費でお土産を出す
必要はありません。

ただし、
「〇〇を買ってきて」
と頼まれたり、
その職場内で
誰かが出張に行く際には
毎回お土産を買う
という風習がある場合や、

カンパ金をもらった場合などは
買って帰った方が
いいでしょう。

〇個人的な旅行の場合

個人的な旅行の場合、
日帰りや短期間で
元々の休みを使って
だったら
買っても買わなくても
いいでしょう。

ただし、事前に
「〇〇に行く!」
と言いふらしている
場合は買った方がいいです。

長期間の休みを
取っての旅行や
休みを交代してもらったり
急に休みを取った、

または忙しい時期に
休んだなど
職場に迷惑をかけてしまった
場合も、
お土産は忘れないように
しましょう。

〇どちらかというと買っておいた方がいい!?

迷った時は、
とりあえず
お土産は買うに
越したことはありません。

もらって嫌な
顔をする人は
ほとんどいないはずです。

買わなかったことを
根に持つような人も
中にはいますので、

みんなで分けられる
ちょっとした物でいいので
買ってみてください。

「この人は気遣いのできる人」
と職場内での
自分の評価も
アップできるかもしれません。

もし買いたくなければ、
遠出することや
したことは
職場内では
口外しないように
しておきましょう。

〇お土産を買う場合の注意

お土産って、
時には嫌味に
取られることも
あります。

女性でよく
「海外旅行に行ったワタシ」
「彼氏とラブラブ旅行」
みたいな感じで
頼んでもいないのに
写真を見せ始める人など
いますよね。

『リア充アピール』
のためのお土産と
思われないように
謙虚に渡しましょう。

また、お土産が
安っぽすぎたり
少なすぎると
マイナスイメージに
なりますので、

相手が喜んでくれるかどうか
考えながら選びましょう。

変化球で喜ばれる、コミュニケーションツールになる人気お土産5選!

お土産を選ぶ際って、
何を買ったらいいか
迷いますよね。

人の好みは様々ですし、
気に入られなかったり
ショボいと思われたら
どうしよう…

なんて悩みます。

そんな時は、
変化球お土産を
選んでみましょう。

量も質も関係なく
みんな楽しめて
コミュニケーションの
きっかけにもなる、
おすすめ5つをご紹介します。

1.全国区商品の地方限定版

定番ですが、
ポッキーやじゃがりこなど
地方限定味
もらうと珍しくて
うれしいですよね。

2.ご当地名産系

全国区の商品ではないですが、
珍しいご当地名産味の
マイナー商品って
みんな興味を
持ってくれるものです。

瀬戸内塩レモン味の
イカ天とか、

名古屋の手羽先味の
スナック菓子などは、

値段もボリュームも
いまいちですが、
話題性は抜群です。

3.ご当地マイナー系

県庁所在地や
有名観光地の
あるところではなく、

小さな市町村内での
名店などの商品を
お土産にすると、

初めて見る物に
みんな関心を示して
くれるかもしれまえん。

4.類似品系

信玄餅と筑紫もち、
萩の月と媛の月、
白い恋人をまねた(?)
〇〇の恋人など、

有名地方銘菓には
類似品がたくさん
出回っています。

これとこれが
似てるだの
パクリだの
話題を振ってみると、

色々情報が聞き出せて
会話もはずみますよ。

5.ウケ狙い系

海外よく間違った
日本語が書かれた物など
ありますよね。

その他斬新な
おもしろ商品など、
量や質は無視して
ウケ狙い路線で行けば、

話のネタになること
間違いなしです。

まとめ

お土産買う派もいれば
買わない派もいますが、
迷うようなら
買って損はありませんので
買っておきましょう。

もらって嫌という人は
ほとんどいないはず。

物に迷った場合は、
質や量より
「話題性」を重視すると、
コミュニケーションの
きっかけにもなるので
おすすめです。

アドセンス本文下

スポンサーリンク