妊娠初期にお風呂が気持ち悪い!!私の吐き気が劇的に軽減した方法3選

タイトル下アドセンス

スポンサーリンク

私は妊娠初期の時、幸いなことに食べ物のつわりはほとんどありませんでした。

少し気持ち悪くなることもありましたが、つわりは軽い方だと安心していました。

しかし、お風呂に入ると気持ち悪くなり吐き気が酷く、妊娠初期のお風呂は本当に苦痛でした。

次の日が外出しない時はお風呂に入らなくてもいいかもしれませんが、妊娠初期の頃仕事をしていたのでお風呂には必ず入っていました。

毎日のお風呂の時間が憂鬱でした。

このままではストレスが酷かったので、自分なりに対策を考えました。

私がお風呂で気持ち悪さと吐き気を減らすためにした対策は

・湯気が少ない時にお風呂に入る

・湯船に浸からずにシャワーで済ませる

・匂いの強いものは置かない

の3つでした。

完璧に気持ち悪さと吐き気がなくなることはありませんでしたが、かなり楽になりました。

対策を試す前は常に気持ち悪く、吐きそうになるのでお風呂に5分もいられませんでした。

対策を試してからは、たまに気持ち悪くなるくらいで、頭と身体をしっかり洗うことができました。

同じ悩みを抱えているあなたにぜひ試してもらいたいです。

妊娠初期のお風呂が気持ち悪いうえに吐き気がすることへの対策

・湯気が少ない時にお風呂に入る

私は特に湯気が苦手でした。

なるべく湯気が少ない時にお風呂に入るように気をつけました。

誰かがお風呂に入った後だと湯気がかなり残っているので、なるべく1番にお風呂に入るようにしました。

また、お風呂にお湯をためたばかりの時は湯気がすごかったので、しばらくお風呂の扉を開けて湯気を減らしてから入るようにしていました。

扉を開けると浴室は寒くなってしまうので、脱衣所などは暖かくするようにしていました。

暖かい身体の状態でお風呂に入り、すぐにシャワーで身体を温めるようにすると、身体が冷えることはありませんでした。

妊娠中の冷えは良くないので、身体を冷やしすぎないように注意してくださいね。

湯気が少ない時にお風呂に入ることで、入ってすぐに気持ち悪くなることはなくなりました。

最初に気持ち悪くなるとそのままずっと気持ち悪く、吐き気につながっていたので、吐き気が起こることも減りました。

・湯船に浸からずにシャワーで済ませる

私は、妊娠前は湯船にゆっくりと浸かるのが好きで、毎日の楽しみでした。

お風呂に浸かるのが習慣となっていました。

妊娠初期の頃に湯船に浸かると必ず気持ち悪くなり吐きそうになりました。

お風呂に浸かるのが当たり前になっていたので、最初のうちは気持ち悪くても湯船に浸かっていました。

しかし、だんだんと気持ち悪さが酷くなっていったので、湯船に浸かるのはやめてシャワーだけで済ませました。

するとほとんど気持ち悪くならず、吐き気が起こることもありませんでした。

妊娠前の習慣になっていたので、最初のうちは湯船に浸かりたくなりましたが、シャワーだけの方が気分はとても良かったので、お風呂に浸からなくても気にならなくなりました。

湯船に浸かるのは身体にも良いことですが、気持ち悪さを我慢してまで浸かる必要はありません。

シャワーだけでも十分スッキリできました。

・匂いの強いものは置かない

洗顔、シャンプー、ボディーソープなどは香り付きがほとんどです。

妊娠前は気にならなかった匂いも、妊娠初期ではかなり気になりました。

私は、匂いつわりは少なかったのですが、シャンプーを流す時だけは匂いが気になり気持ち悪くなっていました。

無香料のものを使用するようになってからは、気持ち悪さはなくなりとても楽でした。

無香料のものは薬局などで何種類かおいてあったので、探すのも楽でした。

無香料のものは初めて使いましたが、匂いが気にならないだけでなく、髪や身体にも優しいのでおすすめです。

お風呂が気持ち悪いし吐き気がする原因は?

どうしてお風呂で気持ち悪くなってしまうのかを調べてみました。

・お風呂の湯気

お風呂の湯気を吸い込むと気持ち悪くなる場合があるそうです。

私もお風呂に入ると同時に気持ち悪くなっていたので、湯気がダメだったと思います。

・湯船の水圧

湯船に浸かると水圧で身体が圧迫されます。

圧迫されることで、気持ち悪くなり吐き気につながってしまいます。

妊娠初期の頃は服の締め付けなどでも気持ち悪くなりますよね。

身体が圧迫されたら気分が悪くなるのは仕方ないことです。

・シャンプー、ボディーソープの香り

つわり中は匂いにも敏感になります。

シャンプー、ボディーソープなどは良い香りのものが多いですが、つわり中は良い香りのものでもダメな場合があります。

私も妊娠初期の時は匂いに敏感になり、いつもは気にならない匂いも気になるようになっていました。

まとめ

私は3つの対策のおかげで、お風呂で気持ち悪くなり、吐きそうになることはほとんどなくなりました。

毎日のストレスが減って、とても楽になりました。

お風呂で気持ち悪くなるのは妊娠初期の間ずっと続いたので、対策をとって本当に良かったです。

妊娠初期を頑張りすぎずに、楽しみながら過ごしてくださいね。

アドセンス本文下

スポンサーリンク