消えつつある電柱広告。出すための値段はいくらくらい?

タイトル下アドセンス

スポンサーリンク

普段特に気にしたことないけれど、道に必ずある電柱。

最近見かけませんが、

よく広告が貼ってありましたね。

電柱に広告を貼る時って、

一体いくらかかるんでしょうか?

もし電柱を事故で壊したら、

弁償額の値段は?

今回は、電柱に関する金額を解説します。

電柱を保護するカバーの役割、広告出稿の値段を知りたい!

電柱ってよく見ると、

黄色と黒の縦縞模様のカバー

が付けられていませんか?

あれは『電柱標識板(でんちゅうひょうしきばん)

というもので、

夜間に車や自転車が衝突しないように

付けられている反射板なんです。

電柱標識板の値段は、

だいたい1枚3000円~4000円。

特殊なものなので、

やっぱり高めの価格ですね。

この電柱標識板は、

表面がデコボコしているため、

何か無許可で貼り紙がされたとしても、

すぐに剥がれるようになっています。

もし電柱に何か貼り紙をしたり、

広告を出したい時は、

電柱を管理している電力会社に連絡して

申請する必要があります。

電柱に貼る広告は製作に1万円前後かかり、

それとは別に、広告料金として、

毎月約1200円~2000円を電力会社に支払うことになるんです。

もし無許可で電柱に張り紙をした場合、

屋外広告物法という法律に触れてしまうことがあるので、

必ず許可を得てから貼り紙をしましょう。

迷子ペットや落とし物探しをする場合も、

念のため電力会社に問い合わせた方が

良いかも知れませんね。

電柱1本の値段っていくら?
事故で壊したときの工賃の金額って?

もし自動車事故を起こし、

電柱に衝突して壊してしまったら、

弁償にはいくらかかるんでしょうか?

まず、電柱そのものの値段は、

1本につき3~10万円。

建てられてから何年経っているかによって、

値段が変わります。

この金額に、

新しい電柱を建てるための

工事費用と移送費用、

そして事故を起こした損害賠償が加算され、

場所などにもよりますが、

30~60万はかかってしまいます。

ただし万が一、電柱に衝突して倒してしまい、

周囲の住宅に停電が発生してしまったら、

請求額は数百万円に跳ね上がってしまいます。

また、倒れた電柱が家屋に当たり、

破損や倒壊してしまったら、

その分の修繕費用も支払うことになるんです。

いずれにしろ、ただでさえ

事故を起こしたら何かとお金がかかるのに、

電柱に衝突したら、

更に修繕や工事費用が加算されてしまうため、

気を付けなければなりません。

ただし、自動車保険のうち、

任意保険に加入しているのなら、

その保険で支払うことが出来ます。

任意保険は通常であれば、交通事故で倒したり、

破損してしまった電柱も保証の対象になるので、

もしもの時に役立ちますよ。

念のため、自分か加入している

自動車保険のプランを確認したり、

もし任意保険に未加入ならば、

加入を検討してみると良いでしょう。

まとめ

電柱の広告には、

電力会社の許可を得ることと、

また広告製作費と広告料の

支払いが必要になります。

製作費は1万円前後、

広告料は月1000~2000円ほど。

そして、電柱に取り付けるカバーは

『電柱標識板』というもので、

暗がりでも車が衝突しないようにする

役割を持っているんですよ。

値段はだいたい3000~4000円程度。

そして、もし

電柱に車をぶつけてしまったら、

最低でも30万以上

はかかります。

日々、車の運転には気を付けると同時に、

もし事故を起こした時ためにも、

自動車保険のプランも定期的に見直すようにしましょう。

アドセンス本文下

スポンサーリンク