ずぼら術!ナッツの蜂蜜漬けをローストしない作り方。保存期間は?

タイトル下アドセンス

スポンサーリンク

栄養価の高いナッツを蜂蜜漬けにすると、

美味しくて美容効果がとっても高い食べ物になるんですよ!

ナッツの蜂蜜漬けは市販されていますが、

自分で作ることも出来ます。

手作りする場合は基本的に、

ナッツをローストするのですが、ちょっと手間ですね。

でもご安心を!

ナッツをローストしなくても、

美味しい蜂蜜漬けが作れちゃうんです!

今回は、ローストの手間を省いたナッツの蜂蜜漬けのレシピと、

手作りの場合は、どれくらい保存がきくのかを紹介します。

ナッツの蜂蜜漬けはローストしなくてもOK!レシピと保存期間の目安とは?

蜂蜜漬けにするナッツは、ローストの手間を省くため、

素焼きにしてあるものを使うと良いですよ。

そうすれば、あとは漬けるだけになります。

ナッツの蜂蜜漬けに必要なものは、

ふた付きの空きビンと無塩の素焼きナッツ、そしてお好みの蜂蜜。

まずは、ふた付きのビンを消毒していきましょう。

ビンとふたを鍋に入れてみずを注ぎ、

沸騰させた状態で5分間、

煮沸(しゃふつ)消毒していきます。

ちなみにこの時、ビンのふたは開けておいてくださいね。

5分経ったら、トングを使って鍋から出し、

乾かしていきましょう。

ビンが熱くなっているので、

火傷には気を付けてください。

そして乾いたビンにナッツを入れます。

この時、無菌状態を保つために、

なるべくナッツには素手で触れず、

消毒したスプーンなどでナッツをビンにいれましょう。

ビン一杯にナッツを詰めたら、

蜂蜜を注いでいきます。

ナッツがひたひたになるまで蜂蜜を注いだら、

ふたをして冷暗所で5~7日ほど漬ければ完成です。

そのまま食べても良いですし、

パンに付けたり、ヨーグルトに混ぜたり、

パンケーキにかけたりして食べましょう。

ナッツだけでなく、

無添加のドライフルーツを一緒に漬けても美味しいですよ。

ナッツの蜂蜜漬けは、冷蔵庫に入れてしまうと固くなってしまうので、

必ず冷蔵庫以外の冷暗所で保管してくださいね。

保存期間は約1年間ですが、

なるべく早めに食べてしまう方が安心です。

ビンの消毒が不十分だと、保存期間は短くなってしまうので、

煮沸はしっかり行いましょう。

また、ビンから取り分ける時も、

清潔なスプーンを使うと良いですよ。

また、蜂蜜で漬けてあるので、お腹の弱い人や、

小さいお子さんは食べないようにしましょう。

ナッツのオリゴ糖漬けなんてものもあります。

便秘解消やダイエットにも良いとされるオリゴ糖を使って、

ナッツを漬けてみるのもおすすめですよ。

ナッツのオリゴ糖漬けの作り方も簡単です。

蜂蜜漬けと同じように、

煮沸して消毒したビンにナッツを入れ、

ひたひたになるまでオリゴ糖を注いで、

あとは5~7日間ほど置いておくだけ。

オリゴ糖だけでなく、

ココナッツオイルも混ぜて漬けるのも体に良いですよ。

ちなみに、蜂蜜やオリゴ糖以外に、

メープルシロップでナッツを漬けるのもおすすめ!

まとめ

ナッツの蜂蜜漬けを作る時、

もしローストの手間を省きたいのでしたら、

既に素焼きされているものを購入しましょう。

ただし、無塩のものにしてくださいね。

後は煮沸消毒したビンにナッツと蜂蜜を詰めて、

5~7日間寝かせればOK!

美容と健康への効果が期待できるけれど、

作り方はとっても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね!

オリゴ糖やメープルシロップでも漬けられるし、

ドライフルーツを混ぜるのもおすすめです。

美味しく食べて、美容と健康を手に入れましょう!

アドセンス本文下

スポンサーリンク