【早朝深夜】マンションの騒音が辛い・・隣人の奇行にどう対処する?

タイトル下アドセンス

スポンサーリンク

マンションやアパートに住んでいると、

心配なのが隣や上の階の騒音問題。

特にお隣さんは、

顔を合わせることも多いから、

トラブルに発展

させたくないですよね。

でも、深夜や早朝に

うるさく音をたてられては、

ストレスが溜まっていくばかり。

そこで今回は、

お隣さんの騒音に

悩まされた場合にとるべき、

正しい対処法を紹介します。

マンションの騒音は、
どのレベルから相談する?

夜中に楽器を演奏したり、

テレビや話し声の

ボリュームが大きかったり、

もしくは歌いながら

ダンスをしている様子だったり、

隣人によっては、

寝ている時間に

騒音をたてられる場合もあります。

建物の構造でも異なるのですが、

場合によっては、

足音でさえもうるさく感じることが

あるそうですよ。

でも、足音やドアの開け閉めの音など、

生活音といわれるものなら、

一般的にはあまり騒音と言えません。

これがもし、

ドスドスと暴れていたり、

部屋の中で走っているような足音が

夜中にするなら、

騒音と言えるでしょう。

どんな音をうるさいと感じてしまうかは、

人それぞれですが、

やっぱり夜中や早朝は、

生活音であっても

なるべく控えめにしてもらえると、

すごくありがたいですよね。

ただ、最近では

直接お隣さんに苦情を言うと、

善良な人だったら問題ないのですが、

そうでない場合の時があるから、

ものすごく不安ですよね。

苦情を言ったら嫌がらせを受けたとか、

夜中の騒音が悪化したとか、

よく耳にする話です。

引っ越しがすぐに出来るわけじゃないから、

なるべく、隣人トラブルになるのは

避けたいですよね。

そのためには、

やっぱり直接苦情を言わない方が安全です。

マンション騒音の苦情は直接隣に言わず、
第三者を挟むと安心!
また、溜め込まないことも大切!

お隣さんの騒音に

悩まされている場合は、

相手に直接苦情を言わずに、

まず管理会社に相談しましょう。

そうすれば、

管理会社から注意してもらえるはずです。

ただし管理会社を通す場合は、

必ず匿名で苦情を

伝えるようにしてもらうこと。

匿名でないと、

結局あなたの家から苦情が来た、

と分かってしまいます。

そこで、管理会社から、

『近隣の方から苦情が来ています』

というように、伝えてもらいましょう。

それでも騒音が止まない場合は、

転居することも一つの手ですが、

お金や手間もかかるため、

大変ですよね。

あまりにもひどい騒音でしたら、

法的な手段をとりましょう。

もしあなたや同居している家族が、

お隣さんからの騒音によって、

寝不足になったりストレスが溜まって、

体調不良を起こしてしまったら、

慰謝料などの損害賠償を

請求することも出来ます。

また、法的に騒音を禁止させられるし、

もしそれでも音が止まない場合は、

強制退去させられる

可能性もあるんですよ。

ただし、

それには騒音となる証拠が必要。

例えば、何時にどんな音が

聞こえてきたかメモしたり、

隣の騒音を録音しておくのが

良いでしょう。

また、いきなり法的手段をとる、

というのは難しいので、

まずは弁護士に相談するのがおすすめ。

騒音は我慢してしまうと、

体や心にもの凄く負担を

かけてしまいます。

そのため、

我慢せずに管理会社や弁護士など、

第三者に相談して、

しっかり解決していくようにしましょう。

まとめ

マンションで、

隣の部屋から夜中や早朝に

騒音がしてくる場合、

トラブルを避けるため、

直接本人には苦情を言わず、

管理会社から匿名

注意してもらうようにしましょう。

それでも改善されない時は、

弁護士に相談して、

法的に訴えられないか

確認すると良いですよ。

法的に騒音を止めさせるには、

証拠が必要なので、

録音やメモ書きを

残しておいてください。

でも、本当にお隣さんが、

あまり話の通じないような、

ちょっと危ない感じでしたら、

お金は惜しいですが、

平和のためにも、

引っ越しを考えてみても

良いと思います。

アドセンス本文下

スポンサーリンク