よれないアイライン入れ方の簡単なコツとは?基本から復習!

タイトル下アドセンス

スポンサーリンク

メイクをするうえで

欠かせないアイライン。

みなさんはうまく引けますか?

アイラインの引き方で

印象はかなり変わります。

私もメイク初心者の頃は、

アイラインは苦戦してました。

ガタガタの線になったり、

太く引きすぎたり、

下まぶたに黒く滲んでしまったりと

失敗ばかりでした。

かといって今でも

上手に引けてる

自信はありません・・・。

完璧にマスターして

自分のメイクに

自信を持ちたいですよね!

そこで上手に引けるコツについて

調べてみました。

アイラインの入れ方のコツ!よれる原因って?

アイラインの失敗でありがちなのが

よれたり、滲んだり・・・

その原因は、

目元に油分が残っているからです。

目の下が黒ずむのは、

ペンシルライナーの粉が落ちたり、

付いたりするからなんですね。

それらを解決するには、

まずは目元の油分を抑えることです。

・綿棒を使ってしっかりオフ!

・目元用のコンシーラーを使う。

・フェイスパウダーや

ルースパウダーを乗せる。

(目の下にも乗せてあげると

黒ずみ防止になります。)

※余分な皮脂を吸着してくれる

タイプのものを使う。

・ペンシルタイプを使った時は、

引いた後に綿棒やチップで

ラインをぼかしながら

余分な粉を抑える。

・アイラインを引いたら、

締め色のアイシャドウを乗せる。

これらを試してみると

かなり持ちが違います!

目の際のアイラインって、どこまで引けばいいの?

アイラインを引く道具は

様々な種類があります。

ペンシルタイプ、

リキッドタイプ、

ジェルタイプ

などです。

使いやすいのは

ペンシルタイプか

リキッドタイプ。

ラインの引き方は、

まつ毛の隙間を埋めるように、

引いていきます。

始めはまぶたを

上に引っ張りながら

目尻から目の中央まで

ラインを引きます。

次に目頭から中央に

引いていきます。

先に引いたラインと

中央で自然につながるように

なじませます。

リキッドタイプの場合は

引き方が少し違うので

こちらを参考にされてください。↓

https://www.youtube.com/watch?v=OfrKkI3SbCI

目尻のラインによって

印象も変わります。

 

目尻からラインを伸ばさなければ

自然な仕上がりになります。

目尻のラインを流れに沿って

延長線上に3~4mm

長めに引くと

たれ目メイクになります。

目尻から斜め上に

5~8mm程度

跳ね上げるように引くと

キャットライン

といって華やかな印象になります。

おわりに

アイラインは

とても奥が深いですね。

引き方によって目の大きさや

イメージがガラリと変わります。

まずは基本をマスターして、

その日の気分で印象を変えて

楽しんでみてください♪

アドセンス本文下

スポンサーリンク