圧力鍋は怖い?仕組みを知って、便利に使える!

タイトル下アドセンス

スポンサーリンク

圧力鍋って、煮物やカレーなど、

煮込み料理を作る時にあると、

短い時間で具材に味が染み込むので、とても便利。

でも、実際に圧力鍋を使って料理するとなると、

事故が起きないか、ちょっと不安ですよね。

そこで今回は、

圧力鍋の仕組みと注意点に加えて、

圧力鍋を使った、

簡単で美味しい

煮物レシピを紹介します。

圧力鍋の仕組みは?事故の危険は?

メーカーにもよりますが、

基本的には圧力鍋って、

具材や調味料を入れたら、

蓋を正しくセットして加熱。

そして火を弱めたり止めたりして、

しばらく放置してから、

蓋を開ける、

という使い方ですね。

実際に使ってみると、

圧力鍋ってもの凄く簡単なのですが、

安全に料理するには、

正しい方法をしないと

危険なんです。

安全に使うためにも、

まずは圧力鍋の仕組み

知っておきましょう。

圧力鍋の仕組み

圧力鍋は蓋と本体が

密閉されるように

作られているのが特徴。

密閉状態にして加熱すると、

鍋の中に圧力がかかります。

この圧力によって沸点が上がって、

鍋の中の水分が素早く沸騰していきます。

すると、内部がとても

高い温度になるので、

効率よく食材に

熱を加えることが出来る、

という仕組みなんです。

高い温度と圧力で食材を加熱すると、

硬いお肉でもホロホロになるし、

大根やじゃがいもなど、

火の通りにくい根野菜なども、

スピーディーに柔らかくして、

よく味を染み込ませることが

出来るため、

とっても便利ですね。

ただし、

鍋の内部に圧力をかけているので、

正しく使用しないと、

爆発する危険がありますので、

圧力鍋を使う時の

注意事項を知っておきましょう。

 

・食材や調味料を入れ過ぎない

多くの圧力鍋は、

内側に目盛りがあるので、

必ずそれを超えてしまうくらいの

材料は入れないようにしましょう。

入れ過ぎてしまうと、

圧力をかけて沸騰した時に、

噴き出してしまう可能性があります。

そうならないためにも、

規定量は守ってくださいね。

 

・加熱し過ぎない

付属しているレシピ本に書いてある

加熱時間を守りましょう。

時間がきたら

火を止めるかとろ火にして、

そのまま自然に

圧力が下がるのを待ちます。

加熱し過ぎてしまうと、

必要以上に圧力がかかり、

爆発する危険性があるので、

十分に注意してくださいね。

 

・圧力が下がる前に蓋を開けない

圧力が抜けていない状態で

蓋を開けると、

中の蒸気や具材が

すごい勢いで

噴き出してしまいます。

とっても危険なので、

説明書に書いてある通りに、

圧力を抜いてから蓋をあけてください。

・蓋はしっかりセットする

圧力鍋で加熱する時は、

蓋とその内側に付いている

ゴムパッキンをセットして、

鍋が確実に

密閉状態になるようにしましょう。

もし蓋やゴムパッキンが

きちんとセットされていないと、

空気が漏れて、

圧力によって

加熱されなくなってしまいます。

説明書通りにセットして、

使い終わったら、

しっかり洗って

お手入れも欠かさずに。

これらの注意事項を

しっかり守れば、

爆発することはないので、

安心して圧力鍋を使えますよ。

圧力鍋で作るカンタンおすすめレシピ!

では、正しい圧力鍋を使った、

簡単で美味しいレシピを紹介します!

・肉じゃが

https://cookpad.com/recipe/1638417

なかなか作るのが大変な肉じゃがも、

圧力鍋を使えば、

材料と調味料を入れて

加熱するだけなので、

とっても簡単!

・牛すじ煮込み

https://cookpad.com/recipe/4295272

牛すじって、

柔らかくなるまで煮込むのに、

時間がかかりますよね。

でも圧力鍋で煮れば、

すぐに柔らかくなりますよ!

夕飯のおかずやおつまみにどうぞ!

ちなみに、圧力鍋の大きさや

メーカーによっては、

鍋の使い方や規定量が

異なる場合があります。

付属のレシピ本も読んで、

安全に使って

美味しい料理を作ってくださいね。

まとめ

圧力鍋を使えば、

難しい煮込み料理も、

簡単に素早く完成します。

 

とっても便利なのですが、

爆発したり、

中身が吹き出してしまわないように、

十分に注意して、

説明書をしっかり読んでおきましょう。

怖い、というイメージの圧力鍋は、

使いこなせれば

とても重宝しますし、

正しく使えば、

ちっとも怖くありませんよ!

アドセンス本文下

スポンサーリンク