鼻づまりに効く薬が欲しい!子供に優しい市販薬ってどれ?

タイトル下アドセンス

スポンサーリンク

鼻づまりは大人でも苦しいですよね。

子供が鼻づまりを起こしていたら、

とても可哀想だし

早く何とかしてあげたくなりますね。

病院で診てもらえば

合った薬を出してもらえますが、

病院に連れて行くほどでもないし

逆に風邪をもらってくるのも嫌だし

病院は混んでいるから

あまり行きたくないなど

市販薬で済ませられれば

助かることも多いものです。

市販薬で鼻づまりが解消されると

ありがたいけど、

どの薬を買ったら良いか迷いませんか?

子供に使うものだから、

子供の体にも優しい薬

選びたいですよね。

そこで、子供にも優しい

オススメの市販薬について

調べてみましたので、

ご紹介しますね!

辛い鼻づまりに…この薬は子供に優しい成分でできている!

鼻づまりといえば、オススメなのが

ヴィックス ヴェポラッブです。

これは塗り薬なので、

子供の胸や背中に塗ってあげるだけで

とても手軽です。

スースーする匂いがしますが、

それほどキツくないので

子供も嫌がらずに使うことができます。

塗ってあげると

有効成分が体温で温められ、

それが蒸気となって鼻や口から吸入し、

呼吸が楽になる効果と、

有効成分が血行を良くするおかげで

体が温まり

鼻づまりやくしゃみなどの

風邪症状を和らげる効果があります。

飲み薬ではないため、

生後6ヶ月からお年寄りまで

誰でも使えるので

とても安心して使えますよね。

我が家でも風邪の時の必須アイテムです。

子供たちも胸に塗ってもらうことが

楽しみになっていて

お薬ぬりぬりするよー!と言うと、

喜んでゴロンと寝てくれるんです。

子供も体調が悪い時は

気持ちが不安になりがちなので、

親子のスキンシップにもいいですね!

次に飲み薬のご紹介です。

鼻づまりの原因は大きく分けて

ウイルス感染症による風邪か

アレルギー性の鼻炎であることが多いです。

お子さんの鼻づまりは

どちらの可能性がありますか?

風邪のために鼻づまりを

起こしている時には

風邪薬を選ぶと良いでしょう。

オススメは、アンパンマンのパッケージの

「ムヒの子供かぜ顆粒a」です。

顆粒を嫌がるお子さんには、

シロップタイプもありますよ。

この薬は、1歳〜10歳までの子供が

飲むことができます。

子供が大好きなイチゴ味なので、

飲みやすくなっています。

鼻づまりの他には、くしゃみや咳、

発熱にも効果があります。

アレルギー性の鼻炎で

鼻づまりを起こしている時には

鼻炎薬を選びましょう。

オススメは、

「ストナリニ・サット小児用」です。

この薬は5歳〜14歳までの子供が

飲むことができます。

チュアブル錠という、

ラムネのような口の中で溶ける薬なので

お菓子を食べるような感覚で

飲むことができます。

水を飲まずに飲めるのも便利ですね。

こちらも子供たちが大好きなイチゴ味です。

鼻づまりに薬が効く!?使用者からの口コミはこちら!

子供でも飲むことができる

市販薬があるのがわかりました。

このお薬は、

実際に鼻づまりに効くのか

知りたいですよね。

子供が鼻づまりの時に使う

市販薬の口コミを見ると、

ヴィックス ヴェポラッブのような

塗り薬がよく使われていました。

ヴィックス ヴェポラッブは

昔からある薬なので

子供の頃に塗ってもらった経験がある方が

多かったです。

スースーする匂いで息苦しさが和らぎ、

子供たちも寝つきが良くなった

という感想もよく見られ、

こちらの薬は

効果があるのがよくわかりました。

一方飲み薬の方は評価がまちまちで、

風邪薬は風邪のひき始めに飲んで、

病院に行くまでの繋ぎとして

使っている方が多かったです。

ご紹介した、ムヒこども風邪薬は

アンパンマンのパッケージが

子供に効果絶大で

嫌がらずに飲んでくれた、

という口コミでいっぱいでした。

まとめ

子供の鼻づまりは見ているだけでも

辛い気持ちになりますよね。

鼻が詰まって夜も寝つきが悪く、

苦しそうにしていたら尚更です。

そんな鼻づまりには、

塗り薬が効果的

であることがわかりました。

ヴィックス ヴェポラッブは

昔からある有名な薬なので

大抵のドラッグストアで購入できます。

欲しいと思った時に、

すぐに購入できる手軽さが助かりますね。

風邪の鼻づまりか、

アレルギー性の鼻づまりか

区別をつけづらい時や

あまりにも鼻づまりが酷い時には、

病院を受診して

一度診察してもらいましょう。

アドセンス本文下

スポンサーリンク