長く勤めるなら有利!?資格が必要な仕事でキャリアアップを目指せ

タイトル下アドセンス

スポンサーリンク

取りたい資格がないけど、

とりあえず資格をとって

就職を有利に進めようと思う

学生の方や、

就職浪人性の方が多いのですが、

今回はそんな方々に向けて

こんな資格が効率よく取れることができ、

また、今後こんな資格を持っていると

有利という資格を紹介いたします。

参考にしていただき、

資格取得に役立ててください。

学生時代も有効に過ごそう!資格の取れるバイトおすすめはコレ!

冒頭でも伝えたように、

ここではアルバイトをしながら

そのまま資格を取れるという

効率の良い資格(取得方法)の

オススメを紹介いたします。

・調理師

⇒アルバイトで多い職種として

キッチン関係の仕事がありますが、

アルバイトでも

調理師試験を受験できることが

可能なのです。

  週4日以上・1日6時間以上の

調理勤務をするという条件付きですが、

受験資格の職歴と認められています。

・登録販売者

⇒薬局などで一般医薬品の販売が可能な

医薬品販売専門資格なのですが、

受験資格として実務経験が

1年以上必要になります。

しかし、この実務経験は

正規雇用に限られていないので、

アルバイトでも実務経験が

1年以上あれば受験することが

可能なのです。

・医療事務

⇒医療事務の資格自体は

受験資格不問ではありますが、

実務経験があれば

それだけ医療事務の知識を

得ることができて有利となるため

紹介いたしました。

アルバイトでは

医療関連のデータの入力や

書類作成が基本になるので、

ある程度パソコン操作を

できるようにすることを

アドバイスいたします。

・ホームヘルパー

⇒ホームヘルパーの仕事は

未経験者でも大丈夫という事業者が多く、

働きながら資格を取得可能

制度を設けている事業者も多いのです。

なので、ホームヘルパーの資格取得に必要な、

養成研修という研修も

積極的に研修をすることが

可能なのです。

以上がオススメする

アルバイトになります。

アルバイトをしながら

資格を取得したい方は

参考にしてください。

日本の将来を見据えて選ぼう!これから需要の増える職業を先取り

 

ここでは今後需要がある職業を考え、

そこに向けて資格取得を

目指してもらうための

参考にしてもらいたいです。

まずは需要が増える職業

考えてみたところ、

3つの職種が挙がりました。

1.ホームヘルパー

⇒ニュースでもよく耳にする

「高齢化」という言葉ですが、

やはり高齢の人が増えると

  自然と介護関係の仕事も増えてきます。

また、お年寄りの孤独死という

ニュースもよく耳にするということから、

ホームヘルパーという仕事の

需要が増えると考えました。

2.保育士

⇒こちらもニュースでよく耳にする

「待機児童」という言葉に

注目いたしました。

潜在保育士という言葉があるように

保育士の資格を持っていながら

保育士として働いていない人を指すのですが、

保育士不足からこの言葉ができました。

そこでこれからは保育士という仕事の

需要が増えると考えました。

3.税理士

⇒意外に思われる方が

多いかもしれませんが、

税制の改正により

相続税の対象が広がったことから

税理士が将来的に需要があると

考えました。

税制の改正で相続税に無関心だった人が

関心を持つようになり、

影響は出てくると予想されます。

以上が将来的にみて

取得を目指してもいい

職業になります。

もちろん役に立つ仕事は

他にもたくさんあるのですが、

需要がある仕事という意味で

上記の仕事をオススメいたします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

資格といってもたくさんありますが、

将来を見据えて資格取得することが

やはり重要ですね。

今回挙げた資格は一例に過ぎませんが、

是非参考にしてもらって

資格取得を目指してください。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

アドセンス本文下

スポンサーリンク