出産後の里帰りに使う移動手段は何がいい?新幹線?飛行機?車?

タイトル下アドセンス

スポンサーリンク

自宅の近くの病院で出産し、

出産後に里帰りをする人も多いですよね。

実家の家族にサポートしてもらいながら

育児を始められるのは

とても大きなメリットの一つです。

しかし、これまでは1人で移動できた

実家への道のりも、

出産後は生まれたての赤ちゃんも一緒!

さて、何を使って帰ろうか・・・

とまず悩みますよね。

新幹線?飛行機?車?

いつ赤ちゃんがぐずっても大丈夫なのは車ですが、

実家が遠方の場合は、

車移動は時間がかかってしまいますね。

新幹線だと、ぐずったら

デッキに移ることができます。

オムツ替えシートもついているし、

授乳の必要がある時には、

多目的室を利用することもできます。

どの方法でもメリット・デメリットがあるので、

どの方法で帰るか迷った時には、

参考にしてみてください。

出産後に里帰りしたいけど実家は遠方…飛行機はOK?

実家が遠方だからこそ

出産後に里帰りをしたい!という方もいますよね。

新幹線でも現実的な距離や時間ではないと、

飛行機で移動しなければなりません。

赤ちゃんはいつから

飛行機に乗れるのでしょうか?

国内線の場合、

生後8日以降から乗ることができます。

新生児は感染しやすい状態なので、

できることなら1ヶ月健診が終わり、

医師から許可をもらった後がオススメです。

座席を使用しない場合は

赤ちゃん分の料金は発生しません

新生児はまだ首が据わっていないので、

ママの抱っこで乗るので大丈夫ですね。

赤ちゃんがいつぐずっても良いように、

赤ちゃんのお世話グッズは

一つにまとめておきましょう。

 

授乳ケープはあらかじめ

準備しておくと良いでしょう。

空調の風避けにも授乳ケープは使えるので、

忘れずに準備をしたいですね。

気圧の変化に対応できるよう、

離着陸時は授乳やミルクで

赤ちゃんの耳抜きをしてあげます。

飛行機のトイレには

オムツ替えシートがついているので、

急にオムツ交換の必要が出た時も大丈夫です!

ミルクのためのお湯は、

機内サービスとして利用できます。

これだけでも赤ちゃんの

急なぐずり対策はできますね。

飛行機移動の1番のメリットは

何と言っても移動時間が短いことですよね。

少しでも移動時間を短くしたい場合は、

飛行機で移動することがオススメです。

出産後に中距離の実家に里帰り!移動手段は新幹線?車?

出産後に里帰りをする場合、

新幹線や車で移動ができる

距離の場合が多いのではないでしょうか。

少し遠い距離だとしても、

自宅や実家が新幹線の駅に近い方の場合は

迷わず新幹線を選ぶのではないでしょうか?

新幹線は、公共施設でありながらも

赤ちゃんがぐずった時に

すぐにデッキに移れるので

安心できるママも多いと思います。

車に比べて移動時間が

かなり短縮できることもとても魅力的です。

誰も運転しなくて良いことも

メリットの一つですね。

しかし、新幹線の駅が遠い場合、

新幹線の利用は難しいですよね。

そのような時には車で帰ることになります。

車のメリットは、何と言っても

自分たちのペースで移動できることです。

赤ちゃんがぐずったら、

車を停めて休憩しながら移動ができます。

多少泣いても誰にも迷惑がかからないので

気持ちが楽ですよね。

また、里帰りのための荷物って、

とにかくいっぱいになってしまうものですが

車だったら、多少いっぱいになっても問題なし!

授乳室がなくても、車内で授乳ができるなど、

車移動でのメリットはたくさんあります。

基本的に車移動では、他の人たちと接触せずに

里帰り先に帰ることができるので

赤ちゃんを感染から守ることができますね。

まとめ

出産後に里帰り先に帰る方法は

どれもメリットがありますね。

出産後はママの体はまだ元どおりではなく、

無理が禁物な状態です。

さらに、生まれたての赤ちゃんも一緒なので、

ママにとって楽チンで、

早く帰ることができる方法が良いですね。

アドセンス本文下

スポンサーリンク