足が細すぎは深刻な悩み…カバーできる着こなしとブランドをチェック【女性編】

タイトル下アドセンス

スポンサーリンク

私がまさにそうなのですが、痩せ体型だと服選びは気を使うものです。

「痩せてるからいいじゃない。何でも似合うでしょ」と言われることもありますが、「いやいや本当にそんなことないよ」と言いたいです。

服のサイズが少し大きいと貧相に見えてしまったり、足が細すぎるために「ちゃんと食べてる?」と心配されたり、服に対する悩みは尽きません。

ちゃんと食べてるんですけど、なかなか体型が変わらないんですよね。それを言うと嫌味に取られることもあるので、痩せ体型の人は人知れず苦労しているのではないでしょうか。

今回は、痩せ体型の人に知ってほしい体系をカバーできる着こなしとブランドを紹介していきます。

世の痩せすぎ女性が抱えるファッションへの悩みとオススメコーデ

私もBMIが痩せすぎに入るので、自分のことも混ぜながらファッションへの悩みを話していきます。

まず、首が開いた服を着ることには抵抗があります。なぜかというと、浮き出た鎖骨がガッツリ見えてしまうからです。

あとは、腕を出すことも嫌ですし(細すぎと言われるため)足を出すのも嫌です。(これも、細すぎと言われるため)露出すると、途端に病人のように思われるので、ファッションには苦労しました。

太りなよと言われますが、なかなか太れないんですよね。胃腸の働きが悪いからか、食べていると思っているけど、ほかの人から見たらそうでもないのか、理由はまだわかりません。きっと、痩せていて困っている人は、共通でこの悩みを持っているのではないでしょうか。

洋服に関しては、いろいろと失敗してきましたが、最近は何を着れば少しふっくらして見えるのか、どんなファッションが自分に合うのかがわかってきました。

まず、二の腕を隠すようなフリルのある洋服は、細い腕も隠してくれるので重宝します。あとは、白や薄いピンクなどの膨張色を取り入れると、少しふっくらして見えます。

白いトップスでフリフリの袖はちょっと…という人は、下に黒のパンツを合わせたり、フリルがついているけど寒色系のトップスを選んだりするといいですよ。大人っぽく着ることができます。

スカートを履くときはひざ丈のふんわりしたスカートを、パンツを履くときは、細い足にスキニーだと本当に細過ぎる足に見えてしまうので、ストレートのパンツか足首に向かって細くなっているパンツを選ぶようにするといいでしょう。ひざ丈のワンピースも重宝しますよ。

痩せ型の人にオススメのブランド、レディース編

痩せ型の私がよく行くお店は、SM2(サマンサモスモス)です。

ナチュラルで可愛いワンピース(ひざ丈、ひざ下が多め)や、緩めのパンツが揃っています。デザインもどこかレトロで着心地がいいです。

nico and…もおしゃれなスウェットからワンピースまで揃っていますし、シンプルで着回しがしやすいものが多いのでよく行きます。ビッグシルエットふぁ多いので、バランスを考えながらコーディネートしましょう。ビッグシルエット×ビッグシルエットだと、かえって痩せているのが目立つことがあります。

プチプラであれば、GUをよく利用します。GUにはいろいろな種類や型の洋服が揃っているので、気になったものはとにかく試着します。

気になったものを試着して、首が空きすぎていないか、足が細すぎて見えないかなどをチェックして買っています。お値段もとてもリーズナブルなので、色違いで買ってコーディネートを楽しむのもいいでしょう。

痩せている人には、痩せている人なりの悩みがあります。あまり表に出てこないので、情報が少ないですよね。洋服関係だとなおさら少ないように感じます。

この記事があなたの役に立てたなら幸いです。

アドセンス本文下

スポンサーリンク