患者さんの立場で考えて!看護学校の面接で聞かれる長所、短所の受け答えまとめ

タイトル下アドセンス

スポンサーリンク

高齢化社会の日本では、

医療や介護の現場で

優秀な人材が不足しています。

そんな中、やりがいがあり

一生働ける仕事として

人気の職業が看護師です。

いくら人手不足といっても、

看護師は誰でもなれる職業ではありません。

看護学校の面接では、

あなたの適性と熱意

しっかりとチェックされているのです。

今回は本気で看護師になりたいと考えていて、

やるだけのことはやって試験に臨もうとしている

看護学校の受験生たちに向けて、

面接対策をまとめてみました。

看護「される」側の立場で考えてみて。患者さんならあなたのどこがありがたいと思うか?

もし自分が患者の立場だったら、

どんな看護師さんにお世話されたいなと思いますか?

親身になって話を聞いてくれる看護師さん。

細かい気配りをしてくれる看護師さん。

いつも安心感を与えてくれる看護師さん。

家族のように寄り添ってくれる看護師さん。

あなたなりの答えがいろいろと思い浮かぶでしょう。

入院中は不安なことが多いので、

実際の医療の現場では、肉体面のケアだけでなく、

精神面のケアも必要としている患者さんが多いのです。

そして、大切なのは信頼感

患者さん本人だけではなく、

患者さんのご家族もまた

信頼できる看護師を求めているのです。

患者さんはどのような看護師を求めているのか?

どのような看護師を必要としているのか?

本気で看護師を目指していくのなら、

この部分は必ず

自分なりの答えを見つけておきましょう。

きっと受験にも役立つはずです。

面接で聞かれるあなたの長所と短所、モデル返答まとめ

看護学校の面接でよく聞かれるポイントを

押さえておきましょう。

■看護師になろうと思った理由は?

<返答例>

家族が入院した時、懸命にお世話をしてくれた、

看護師さんの姿に心を打たれ、

自分も目指したいと思い志望しました。

<返答例>

社会貢献できる仕事をしたいと思い、

看護師を目指しました。

元々、医療の世界に興味があり、

人と接する仕事も好きなので、

看護師という職業は自分の天職だと信じています。

いくら本音でも

「引く手あまたで仕事に困らなそうだから」とか

「女性でも一人で一生食べていけそうだったから」

みたいなことは言わない方がいいでしょう。

■当校(受験する学校)を選んだ理由は?

<返答例>

知識や技術だけでなく、

心の豊かさを育むという

貴校の教育方針に惹かれたからです。

受験する看護学校の理念や

教育方針は必ずチェックすること。

その学校で学んでいる学生たちの

生き生きした表情や笑顔に惹かれ、

貴校の学校案内をボロボロになるほど読み返したなどの

自分自身のエピソードをどんどん加えて下さいね。

その方がどうしても入学したい

という熱意が伝わるはずです。

■あなたの長所と短所を教えて下さい。

<返答例>

物事に慎重になりすぎてしまうタイプですが、

その分ミスや失敗が少ないので、

日々の業務を的確にこなす自信はあります。

<返答例>

時々、自分の考えや意見を

主張できないこともあるのですが、

社交的で協調性のあるタイプなので、

周囲ときちんとコミュニケーションをとりながら、

円滑に業務を進めていく自信があります。

短所は長所にもなるし、長所は短所にもなりますから、

自分を冷静に分析してありのままを答えればいいでしょう。

■あなたはどんな看護師になりたいですか?

<返答例>

患者さんやそのご家族に「あの人なら大丈夫」と

信頼していただけるような看護師を目指したいです。

先ほども書きましたが、

患者さんの立場になって考えると、

なりたい看護師像がおのずと浮かんでくるはずです。

自分の理想のイメージを描いてみて下さいね。

まとめ

いくつかのモデル回答をご用意しましたが、

機械のようにそれらを丸暗記しても意味がありません。

面接官はあなたの人柄と熱意を見るからです。

模範解答でなくてもかまいません。

アドリブもOKです。

むしろその方が断然いい!

これは自分自身の経験からもいえることですが、

質問に対してその時々に感じた思いを

心を込めて面接官に伝えた方が

結果的にうまくいく場合が多いです。

ここでご用意した回答は単なる大きな流れにすぎません。

一語一句間違えないように

しゃべるためのマニュアルでもありません。

どんなに下手でも、あなた自身の言葉で

面接官に本音をぶつけてみて下さい。

そうしたら、きっとうまくいきますから!

アドセンス本文下

スポンサーリンク